ヒマラヤに向かって  その1

ダラムサラは標高1700〜1800メートル、ヒマラヤ山脈の前峰5000メートル級の山に抱かれるような高原にあります。
晴れた日に見える万年雪のヒマラヤの峰には何故か微かな動悸にも似た胸騒ぎを覚えます。

ダラムサラのマクロード・ガンジというところがチベット人が多く住む地区で、中原君の家はそこから凸凹道を15分くらい下った谷に面した絶景の場所です。そこから毎日ヒマラヤを望見してたらどうしてももっと近くまで行きたくなりました。

上の写真でまだらな雪山の前方になだらかな鞍部になってるところがトリウンドと呼ばれる峠です。標高3000メートルくらいで、そこまでは大体4時間くらい、登山路もしっかりしていて茶屋もいくつかあると聞き、ある朝ふと思い立ってひとりで歩きはじめました。

歩き始めはかなり不安でした。
もともと山好きで若い頃にはけっこう山歩きをしたものでした。あまり高山歩きはしませんでしたが、奥秩父や北八ヶ岳の山が好きで山小屋泊まりの縦走も何回かしたことがありました。でも、最後の山歩きからもう15年以上経っています。日頃の不摂生で体力は完全に衰えているはずです。岩だらけの急な登山路を4時間・・・もつかなあと、でも大丈夫でした。
昔から山に入ると野性が目覚めるというか、俄然元気になって休みなくどどっと登れたのですが、今回もそれに似た感じになりました。
途中の風景の素晴らしさ、ほとんど人に会わない快適さもあいまって、予定よりかなり早くトリウンドまで着くことができました。

中の写真:少し標高を上げて行くと、ヒマラヤシャクナゲという深紅の花樹が多くなります。日本のシャクナゲとは趣が異なり、かなりの高木になりますし、谷にせり出して花をつけたりしています。この花でジャムを作るととても綺麗なジャムができると聞いたので、がんばってたくさんの花を摘んで持って帰りました。そして毎日のように通ったルンタレストランの直子さんにすぐにジャムししてもらいました。東京でジャム作りをしているもとKuuKuuのスタッフ・evaへのおみやげにしようと思ったのです。

下の写真:茶屋やロッジに荷揚げする驢馬の隊列に会いました。カランコロンと鈴を鳴らして岩だらけのゴロタ道を黙々と歩いておりました。驢馬くん、キミたちは偉いよ、まったく。

f0067255_1225247.jpg
f0067255_12264371.jpg
f0067255_12272559.jpg
f0067255_13313926.jpg
f0067255_133215100.jpg
f0067255_1333122.jpg

[PR]
by kuukuu_minami | 2009-04-09 12:30


<< ヒマラヤに向かって  その2 インドの村を歩く  その3 >>