チベットの子ども村  その7
f0067255_19575764.jpg


なんか、ダラムサラだからってダラダラ続けてんじゃないよ!って声が聞こえて来そうなので、あと2回で終わりにします。
最後までお読みになって、また最初から通して読んでくださると、月桃先生はスコブル・ウレシイと申しております。

TCV「チベットの子ども村」はダラムサラやゴパルプールの寄宿舎制ばかりではなく、親といっしょに住める子どもたちが通うディスクールもあります。

上の写真は、ルンタレストランの直子・ソナム夫妻の次女のチカちゃん。ダラムサラ・マクロードガンジのディスクールで朝の祈りの時間。チカちゃんはよく通る声で一生懸命唱和していました。
このディスクルールは敷地も小さく生徒数も少ないですが、みんなじゃりん子なのでやたら賑やかな学校です。でも、先生はけっこう厳しいですよ。お祈りの時間によそ見したり隣とつつき合ったりしてると先生のげんこつが飛んだりします。日本だったら「体罰」で訴えられる先生続出かも知れません。

中の写真はおなじみのチョゲルです。これ以上里親のぼんちっちどんにサービスする必要はないのですが、チョゲルが嬉しそうに持っている2枚のカードは何を隠そう、隠しだてはきらいであり、チョゲルが選んだ月桃先生のカードなのです。チョゲルよ、そのセンスを持ってすればキミはTCV出身のアートディレクターとして活躍できるのではあるまいか・・・。

下の写真の少女も、その瞳の涼しさ、汚れない自然さにぐっと魅かれたのです。チベットの子どもはどの子でも、不思議なほど深く穏やかなまなざしを持ています。その理由は自分なりに考えましたが、ここでは申しません。

次回でダラムサラ報告はいよいよ最終回です。(たぶん、おそらく・・・)
里親制度についてもお知らせします。



ここまで書いて、一息ついてたら忌野清志郎さんが亡くなったことを知りました。
58歳、まったく同世代の本当に個性溢れる表現者が逝ってしまった。さびしいな、無念だったろうな・・・・・。
いまはただご冥福を祈り、合掌するのみです。
f0067255_10575744.jpg
f0067255_1058395.jpg

[PR]
by kuukuu_minami | 2009-05-03 20:04


<< ダラムサラ報告  最終回 ゴパルプールのTCV >>