ダラムサラ報告  最終回
これまで一ヶ月以上にわたって書いて来ました、ダラムサラ報告、泣いても笑っても眠り込んでも最終回となりました。長い間のご愛顧まことにありがたく感謝申し上げます。この日記が、読んでくださった方のなかに小さな波紋ひとつでも残してくれたらこれにまさる幸せはないだろうと思うきょうこの頃でございます。
(なんか本気っぽくないなあと感じてる キミ、もう少し正直になった方がいいと思うよ・・・)

さて、以下はちょっとマジに。

わずか3週間の旅でしたが
よく歩き、よく見、よく笑い、自分なりにすこし考えた旅でした
チベット問題は複雑で難しく、深く考えることを強いる面もあります
大国が小国を武力で翻弄して支配下に置いているのですから
現代史の様々な要因が絡み合って利害関係を生み
弱いチベットはますます追い込まれさらに弱くなっているように思えます
しかし、精神的な面、あるいはただ人間的な面といってもよい
強いチベットは「にもかかわらず」ますます強くなっているようにも思えます

ボクの日記はチベット関連の文章の中では例外的に軽い筆致だと思いますが、それは強いチベットに若干触れたが故の安心感と、もともとのお気楽精神が書かせた文章だからです

ダラムサラのチベット人はとても魅力的な人々です
チャーミングでやさしく、笑顔がたまらなく可愛い人々です

彼らは自分たちの置かれた状況をよく知っています
希望よりは絶望に近いところで生きているのかも知れません

そんな彼らですが、とくに子どもたちの表情を見ていると
この人々は決して負けないだろうと思わずにはいられませんでした

このお気楽な日記を読んで少しでもチベットに関心を持っていただけたら嬉しいのです
亡命してきた多くのチベット人は「わたしたちのことを忘れないで」「わたしたちのことを誰かに伝えて」と訴えています

ボクは決して活動家になるような人間ではありませんが、折に触れチベットのことについては考え、チベットの友人として歩いていこうと思っているわけです。

上の写真は3月10日のダライラマ法王亡命記念日のデモ行進でのパッサン・ドルジェ(帽子に髭の男)です。いつもルンタ・レストランで歌ってばかりのコックさんですが、苛酷な獄中体験を持っています。
月桃雑記の↓にダイジェストで書きましたので、よかったら読んで&読み直してくださいませ!!!!!
http://kuukuu99.exblog.jp/10830739/

中の写真は尼僧・ジャンジュップ・チェドゥン。中原君の部屋でのひとこまですが、彼女も凄まじい体験をして来ました。
詳しくは中原君のブログを読んでみてくださいませ!!!!
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2009-03.html

下の写真はホーム7のタシとクンガ。この写真だけは野田雅也どんの写真を無断拝借いたしました。ダラムサラのTCVがいかに難民の子どもたちにとって救いなのか、この写真だけでわかると思います。

TCV =Tibetan Children's Villageへの寄付、里親制度などについて関心のある方はぜひ↓のサイトをご覧くださいませ!!!!!!
チベット・サポートグループ KIKU
http://www.tsg-kiku.com/
チベットサポート基金
http://www.yasuragi.com/tibet/

年間4万円ほどでひとりの子どもの学費や生活費をまかなうことが出来ます。
現地に行って里子さんと会って遊んだりすることもできます。それに、TCVの子どもたちと遊んで心身ともに元気になる自分を発見することだってできますよ。

こんなところで・・・・長らくお騒がせいたしました。
またどこかでお会いできる時まで・・・・元気でほがらかに生きていきましょう!ダラムサラのチベタンはみんなそうでしたよ!
f0067255_234181.jpg
f0067255_2342227.jpg
f0067255_235053.jpg

[PR]
by kuukuu_minami | 2009-05-04 23:05


<< 月刊クーヨン チベットの子ども村  その7 >>