どこへ ?
昨年の6月から毎週水曜日に通っている東村山福祉園のことは何度か紹介して来ましたが、きょうはF君特集でございます。

東村山福祉園は重度の自閉症、知的障害の人たちが共同生活をする児童福祉施設です。およそ160人の利用者がいますが、その多くは児童ではなく学齢期を過ぎた20歳以上の成人です。

月桃の絵画教室には40名ほどが登録していて2時間のあいだに短い子で15分長い子だと2時間、それぞれの仕方で絵を描いています。

たどたどしくもコミュニケーションのとれる子はふたり、その他の子とは殆ど勢いと直感でやりとりします。

F君は自閉症の21才のイケメン男子、背が高くいつもカッターシャツの一番上のボタンまできっちりはめています。
言葉でコミュニケーションはとれませんが、ごく稀に小さく可愛い声で発語してくれます。この前はあまりしつこく月桃がそばでかわいい!とかすごい!とか言うのでそっと「あっちいけば・・・」と言ってくれました。うれしかったなあ!

F君は絵も描きますが、文字を書くのが大好きで、意味はよく通らないけどスコブル詩的な文章で400字詰めの原稿用紙を一気に埋めてしまうほどの力があります。

でも、きょう紹介するのは詩人としてのF君ではなく書家としてのF君です。

去年11月に吉祥寺キチム内ギャラリーSTONEで開いた「ふくしえん からんどりえ展」に来ていただいた方はご覧になったと思います。販売したカレンダーの文字はすべてF君の書いたものでした。(くうくうカレンダーも)
F君の書は本当に素晴らしく世界中どこに出しても立派に喝采を受けるだろうほどに自由でゆたかな芸術性に溢れています。

f0067255_2394042.jpg

「どこへ」
これを見たときには驚喜しました。
青い絵の造形と上に添えられた「どこへ」の文字がまさに詩そのものように思えたのです。むかし大好きだった立原道造の詩「何処へ」を思い出したのは言うまでもありません。

f0067255_23102213.jpg

「もものひとくうくうかめさん」
F君にリクエストしたのは「もものひとくうくう」という文字でしたが、なぜかF君はくうくうのあとに「かめさん」と付け加えました。
くうくうがかめさんだって知っていたとしか思えません。

f0067255_23111750.jpg

「しっぽ これも おしり それも」
これは2月9日、今日の作品です。
なんというお言葉!あまりにも含蓄がありすぎて目眩がしてしまいます。
F君、キミはなにを考えているのか?
どこ吹く風の美しい風貌のどこにしっぽとおしりを隠しているのか、教えてください!
[PR]
by kuukuu_minami | 2011-02-09 23:11


<< 3月11日のあとの日記より インド〜ネパール 最後のロケ >>