ダラムサラの中原君より
ダラムサラの友人、中原一博からこんなメールが届きました。
3月28日付けのメールです。
亡命政権と難民のためのNGO・"Lung-ta project"のHPの日本事務局のページのさらに「ちべろぐ@うらるんた」に日々掲載されているダラムサラレポートの一文です。2点の写真が貼付されていました。文中にある少年の描いた絵です。「ちべろぐ」で見るより鮮明だと思います。

(以下、中原君よりのメール本文)

法王はデリーで、この時期悠々と四日間「空の教え」について
講義されていたようです。
先ほどのBBCでラサのジョカン寺の僧侶が涙ながらに記者団に
訴えるシーンが流れました。彼らは記者団が去った後、間違い
なく逮捕され、酷い拷問を受けることでしょう。哀れなことで
す。
それに続き、法王がデリーで「この21世紀の現代に嘘は通じ
ない」との発言が流れました。
そうあってほしいものです。
特にメディアには頑張ってほしいものだと、、、

今日は朝方、ネルレンカン(難民一時収容所)に行って来まし
た。
屋上に小さな子供たちが集まって、みんな絵を描いていました
。その後ろには獄中27年のあのアマアデさんが、じっと座っ
て子供たちの様子を眺めていました。

壁に貼られていた子供たちの絵があまりにいい?ので全部写真
に撮りました。一部送りますがいつか全部送りたいです。日本
で見せられるとといいと思います。

楽しい絵は残念ながら全くなくて、チベットでチベットの僧侶
が殺される絵、デモでつかまり連れて行かれるところ、家族が
泣いているところ、雪山を越える途中で撃たれるチベット人と
かです。

そこには10人ぐらいの子供たちがいました。中の二人に話を
聞きました。

その中で一番年長と思われるソナム ノルブはナクチュの出身
14歳。5日前にダラムサラに着いたそうです。
去年の9月一度xxx経由で越境を試みたが、途中で捕まり
、二度目の今年はxx経由で無事成功したそうです。
去年の話を少し詳しく聞きました。
ラサに集まった越境グループは65人。内5歳から15歳まで
の子供が25、6人いたそうです。
ラサからティングリまでは車で行き、そこから徒歩。歩くのは
夜。暗がりで子供がいなくなったりしてなかなか進まない。5
日目の昼、みんなで昼食をとっていた時、突然中国の警察隊が
大勢現れ、全員逮捕された。
ティングリの拘置所に5日入れられ、それからシガツェの監獄
に送られた。そこに半月入れられたあと、子供たちはみんな解
放された。でも大人たちはそのままだった。そのとき1000
人ぐらいのチベット人が同じように捕まって監獄にいるのを見
たそうです。
その後村に返されたけど、何度も警察が来るし、嫌なことばか
りされるので、両親はラサに移り自分もまたインドに送られた
のだ、と話していました。今ラサが大変なことになっていると
みんなが話してる。ラサにいる両親のことが心配だとも話して
いました。
よく勉強して、将来はチベット語の先生になって、故郷に帰り
チベット語を教えたいとか、、、、ううん。

もう一人はカム出身のイシェ ツェリンくん10歳。彼だけは
僧衣を着ています。これから南のセラ僧院に行って勉強するの
だそうです。
彼も二度目でやっとここにたどり着いたのだそうです。
去年の夏、両親と3人、家族だけで、カイラス山の近くからネ
パールに越えようとしたのですが、何日か歩いた後、途中道で
会った外人の旅行者がこの先にはたくさんの中国軍がいるから
行かないほうがいいと言われ、諦めて引き返したそうです。
今年は自分だけインドに行って僧になり、勉強するように言わ
れて、また越えようとした。今度はxxの近くまで車で行き、
そこからは夜歩いた。途中大きな川に丸太が二本掛けてあるだ
けのとこを渡るときは怖かった。もっと小さい子は大人の背中
に負われて渡った。中国の警察が追いかけて来るような気がし
て怖かった。お腹がすいた。外で寝るのは寒かった。とも話し
ていました。
今はダラムサラに着けてうれしい、早くダライラマ法王に会い
たいそうです。
お母さんに会いたくないか?帰りたいとは思わないか?と聞く
と、今帰ったら殴られるから帰らない。ちゃんと勉強するまで
は帰るなと言われてる、とのことでした。

今も子供だけで毎年1000人近くの難民が、中国の支配を嫌
い命がけで越境して来るのです。

最近日本でも雪山を超えて来る亡命者に中国軍が無差別に発砲
する映像が流れたようです。
jp.youtube
に<中国軍がチベット人巡礼者を無差別に打ち殺す映像>と題
して載っています。
これはたまたまその近くにいた、外国登山隊が撮影したという
貴重なものです。ぜひまだ見ていらっしゃらないならご覧くだ
さい。

写真添付します。
一枚の絵は、僧侶がダライラマを非難するよう強制されている
という絵です。中国の警官が法王の写真を踏みつけています。
実際この<ダライラマを誹謗しないと僧になれない>という制
度に対する怒りが、今度の騒動の大きな原因のひとつと考えま
す。
もう一枚の絵は峠を越えるとき、チベット人が中国軍に打たれ
て倒れるという絵です。

ダラムサラでは今日もデモが今からあります。
ハンガーストライキや寺での夜通しの念誦会も続いています。

きょうはこんなとこです。

ルンタプロジェクト中原



f0067255_217842.jpg
f0067255_2172622.jpg
[PR]
by kuukuu_minami | 2008-03-28 21:08


<< 五郎子と桃姫 いまチベットで起きていること。 >>