お絵かき&落語三昧
台風接近の日のこと。朝早く奥さんが仕事で京都に行ったので、近くのコンビニにビールを買いに行った以外は籠もってずっと絵を描いていました。

30日からの「ひとりだけのふたり展」の作品。かなり進みました。このところ黒いガラス絵に親しんで来たけど、今回の新作は色と色の氾濫で迫ってみようと思います。やたら面白いし、気持ちがめくれ上がる感じ・・・この数ヶ月チベットのイベントで身も心もかなり使い切って、実はシンマデ・オツカレだったのだけど、絵を描いてると自然にツカレも取れるし、エネルギーも注入される・・・チベットへの思いもリフレッシュできて絵のなかの子どもにチベットの小さな旗を持たせました。まあ、絵の出来は見てのお楽しみだけどね。

南椌椌・竹田邦夫「ひとりだけのふたり展」
恵比寿 ギャラリーまある 03-5475-5054
9月30日(火)〜10月5日(日)
12:00〜19:00(最終日のみ16:00まで)
椌椌のガラス絵とテラコッタ
メキシコ在住30数年の銀細工師・竹田邦夫のふたり展

そしてそして、昨日は絵を描きながらネットの落語・ポッドキャスティングを聴きっぱなしでした。実に久しぶりの落語漬けの一日。
ふだんあまり聴かない渋い落語家の噺がすっと染みこんで来ましたぞ。ずいぶん聴きましたね・・・ガラス絵は描いてる途中でけっこう間があくんですよ。ポッドキャスティングで聴ける落語は大体15分〜20分くらいの短めの噺なんで絵の具を乾かす間にちゃんと聴けるのです。

『三軒長屋・上』 古今亭志ん生
『探偵うどん』 古今亭志ん生
『孝行糖』 古今亭志ん五
『寿司屋水滸伝』 柳家喬太郎
『紙入れ』 金原亭馬吉
『機内にて・・・』 三遊亭天どん
『子別れ』 柳家小さん
『松竹梅』 立川志らく
『評論家』 桂 米助
『目薬』 柳家福治
『大山詣り』 三遊亭鳳楽
『愛宕山』 古今亭菊丸
『桃太郎』 柳亭痴楽
『宮戸川』 春風亭正朝
『猿後家』 桂 文生
『蜘蛛駕籠』 古今亭志ん五
『短命』 橘家圓太郎
『祇園祭』橘家圓太郎
『代書屋』 柳家喜多八
『妾馬』 柳亭燕路
『時そば』 瀧川鯉昇

これ順不同で聴きましたが、とくに心に残った噺は・・・

『三軒長屋・上』 古今亭志ん生
『孝行糖』 古今亭志ん五
『子別れ』 柳家小さん
『松竹梅』 立川志らく
『祇園祭』橘家圓太郎
『短命』 橘家圓太郎
『猿後家』 桂 文生
『代書屋』 柳家喜多八
『妾馬』 柳亭燕路
『時そば』 瀧川鯉昇

いや、実はどれも面白いんですけど、上に挙げた噺はとくによかったなあ。志ん生はいまさら言うこともない、最愛の落語家です。この『三軒長屋』の前半、老いらくの手前のしゃんとした志ん生の芸が立ってます。話芸としての落語のとびきりだと思います・・・先代・小さんの『子別れ』もまだ会長・人間国宝になってない昭和49年(会長にはなってたか?)の噺。語り口の艶のよさ、恰幅がすばらしい・・・。志ん五は晩年の志ん生をおぶって世話したという噺家さん。ぶっちぎりの与太郎、笑わせてくれます。志らくの「松竹梅」は10年前の高座の録音。この頃の疾走感、絶品じゃないですか!頭のよさがうるさくない、感銘を受けました。
橘家圓太郎は小朝師匠のお弟子さん、高座で聴いたことはありませんが、いいですね!小朝さんより好きです。『祇園祭』せっぱつまった感じもあるけどそこがまたいい!
文生、燕路、鯉昇、喜多八・・・いぶし銀、と言ってもそれぞれ味わいは違いますが、いいなあこのお茶目で滋味溢れる落語家たち!
喬太郎の『寿司屋水滸伝』は群を抜く才気だし、大好きな噺家さんだけど、こういう新作には乗れないワタシです。
とえらそうに呟いて、やっぱ寄席に行かなきゃ!が結論。

昨日の落語は↓で聴けます。
http://fujitv.cocolog-nifty.com/yose/
イキのいい二つ目さんの落語ならこちらで聴けます。
http://www.podcastjuice.jp/rakugo/

さあ、落語シャワーで甦ったワタシですが、まだまだ描かねばなりません。きょうもお絵描き&テラコッタ制作でがんばるぞ!
[PR]
by kuukuu_minami | 2008-09-21 18:33


<< ひとりだけのふたり展 ひと夏の経験 >>