<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
梅干し・ぬか床・旭川
今年の我が家の梅は豊作だった。
見るからに素朴な古い梅の木だが、毎年うつくしい白梅を咲かせてくれる。
2月の10日頃には最初の春の愉しみを教えてくれるのだ。

今年は例年になく花の数も多く、したがって梅の実もたわわに実った。
梅の実が葡萄のように鈴なりに成るなんていままで見たことがなかったが、
今年の我が家の庭ではそうだった。
そこでほどよい数の実を残して摘果してあげれば、
おおきく顔色のよい南高梅みたいな梅が育ったはずなのだが、
摘果なんて可哀想でそんなに出来ることではない。商売じゃないんだから・・・。

6月の半ば過ぎ、5kgくらいの青梅を摘んで
梅干し、梅酒、梅ジャム(ダラムサラのヒマラヤシャクナゲのジャムと合わせて)、
そしてはじめての試みの台湾風茶梅を仕込んだ。
これまでに食してみたのは梅ジャムだけだが、これがホンマに絶品!
すぐにまめ蔵に持っていってスタッフの口にムリヤリ押し込み、ウマイ!と絶叫させる・・・・

梅干しは塩分を控えすぎたせいか、途中でカビかと疑われる微かに白い薄膜がはりかかったが、
思い切ってすべての梅を35度のホワイトリカーで洗い、
残った梅酢は煮立たせてアクを取り美しい透明な梅酢に戻して梅も戻し合わせたら、
あとはずっと透明な佇まいで梅雨明けを迎えた。

土用の今日まで待たずに晴天続きの頃、ざるに梅を並べて天日干しをした。
あの日差しの強すぎた数日前のことだ。
普通、どの梅干し作りのレシピを見ても
「天日干し3日間、午後に梅を裏返して夜は室内に取り入れる」とあるが、
こないだの日差しは2日間が限度だと判断して
3日目には赤紫蘇と赤ざらめをまぶしながらタッパに並べて冷蔵庫に恭しく保存。

残った赤紫蘇はまだ乾燥途中だが、
口に含めるとなんとも言えない薫りと酸味が身体の奥から精気を呼んでくれるよう。
カリカリに乾いたらすり鉢でこすってあげて「ゆかり」を作ってあげよう。
これがまたうまいのなんのって!

ちょっと日干しにして消毒した梅酢は瓶詰めにして冷蔵庫に保存、
たたききうりや大根かぶらの梅酢和えしてあげるとたまりません!

梅干しは今年の暮れくらいまで我慢、いや来年春くらいに最初の一粒を口に含んでみたいと思うのです。
どんな塩梅・あんばい(いい漢字だね)になるかすっごい楽しみではござります。

なんで梅干しのことを書きたくなったかというと、
きょう夕方いつも行ってる吉祥寺の蕎麦屋・中清で日経新聞の朝刊に載ってた
川上弘美さんの「ぬか床のごきげん」というエッセイが滅法面白かったから。
ネットの日経欄を見ても見つけられず、全文ここに引用するのも面倒なので
興味のある方は図書館などで探してみてください。
さすが、KuuKuuにも来てくれてた川上弘美さん、
洒脱で柔らかい女性にしか書けない文章を書いてくれます。
読んでたらぬか漬けにもトライしたくなった。

さて、今日から北海道旭川の「こども冨貴堂・ギャラリー」で椌椌の個展がはじまりました。
ガラス絵とテラコッタの新作中心でいつものように展示しきれないくらいの作品を送ってしまったのですが、
市立図書館のあんみちゃんはじめスタッフの方々が全てを展示してくれたそうです。
ありがたいことです!

作家であるワタクシは25日から30日まで旭川・富良野・札幌を巡ってきます。
旭川のギャラリーと札幌の「みんたる」ではダラムサラの「チベット子ども村」訪問記を
スライドとお話でレクチャー????して来ます。

吉祥寺や国分寺ではスター級のプリン屋さんだった「アムプリン」の移住先、
上富良野を訪ねて久しぶりに飲んでアホ話に明け暮れてこようとも思っている次第。

アムプリンのプリンは絶品だすぜ!地方発送もするので、
よかったら↓HP見てホワイトチョコレート!(すまん、酔いが回ってきた・・・)
http://www.amupurin.com/

写真は採りたての梅っ子たち。

f0067255_912260.jpg

[PR]
by kuukuu_minami | 2009-07-21 09:02
第一回まめ蔵寄席
またまたすみません、予約満杯になってからの情報です。

8月5日(水曜日)、月桃99%が経営している創業31年の吉祥寺カレー屋「まめ蔵」で、念願だった「まめ蔵寄席」を開催することになりました。

そこそこの落語好きで新宿・末広亭や上野・鈴本など古くからある寄席に通ったり、贔屓の落語家さんのホールでの独演会などにも好んで通います。笑うことがまあ大好きなおっさんなのです。もちろん人情噺もね・・・。

さて、第一回「まめ蔵寄席」では若手の噺家さんではピカ一(月桃談)の古今亭菊六さんに二席の古典落語をたっぷり話していただきます。
菊六さんは今年30歳になったばかりの二つ目さんですが、写真で見ての通りの姿の奇麗なこと落語のうまいことうまいこと、絶対のおすすめです。(と言ってももう予約締め切ってしまいましたが・・・)

午後6時半開場 7時開演
終演後、8時半からの「まめ蔵カレーとフリードリンク」の懇親会込みで3000円という目の玉が引っ込んじゃうほどのリーズナブルな料金です。(と言ってももう締め切ってしまいましたが・・・)

定員40名の親密なカレー屋空間で江戸情緒たっぷりの落語を楽しむ・・・意外とイケルと思いますよ!

第二回まめ蔵寄席は
やはり菊六さんにいらしていただくことになりました。
日時、12月のクリスマス前後の平日(未定)
今度は早めに情報お伝えしますね!


古今亭菊六プロフィール
2001年 学習院大学文学部卒業
2002年11月1日 古今亭円菊に入門
2003年正月二之席より前座となる
     前座名「菊六」
2006年5月下席より二ツ目昇進
2006年〜2008年度 NHK新人演芸大賞本選出場
2008年 落語一番勝負若手落語家グランプリ受賞
「築地魚河岸三代目」DVD特典映像ナレーション担当
ポッドキャスト「eureka!」で「落語で覚える江戸しぐさ」12回講座担当

f0067255_912268.jpg

[PR]
by kuukuu_minami | 2009-07-06 01:48
月刊クーヨン
ちょっと遅い情報でスミマセン!

クレヨンハウス発行の育児雑誌「月刊クーヨン」の最新号(6月3日発売)にこのブログにも大量に書かせてもらった「チベットの子ども村」TCV訪問記を掲載しました。。
3ページの記事ですが、簡潔に分かりやすく書いたつもりです。写真は同行してくれたフォトジャーナリスト・野田雅也さん渾身の14点。

ただいま育児中の方もそうでない方も、チベットに関心のある方もそうでない方も、よかったら書店でお求めくださいな!
f0067255_142254.jpg

[PR]
by kuukuu_minami | 2009-07-06 01:43