ダラムサラの空想料理店  その2
ルンタ・レストランについて知っていることを書きます。

ボクの友人の中原一博は1980年代にダラムサラに移住しました。大学でひとりチベット宗教建築を学んでいた頃から在日チベット人との交流がはじまり、大学卒業後ダラムサラの亡命政権からの招請状を受け取り現地に赴きました。仕事はもちろん亡命政権の様々な施設の設計です。その後、設計分野では多くの仕事を続け現在に至っていますが、建築家としての仕事の他にも亡命チベット人のために献身的に尽くしています。そんな流れのなかからダラムサラに滞在する日本人たちが自然に難民自立支援のNGOを立ち上げようということになったのだと思います。

1999年9月、ルンタ・プロジェクトの拠点になる4階建ての立派なルンタ・ハウスが完成します。完成に至るまでに多くの寄付が寄せられましたが、最後の決め手になったのがミュージシャンの浜田省吾さんからの寄付でした。というのも浜田さんと中原君とは広島時代の悪友でいっしょにバンドを組んだ仲でもあったそうです。ちなみに浜田省吾さんは難民の子弟が学ぶ”Tibetan Children’s village”にも多額の寄付をされ、”Shogo Home”と名付けられたホームがあり、30数人の子どもたちが共同生活を送っています。

こうした背景のなかからルンタ・プロジェクトならびにルンタ・レストランが生まれたのです。

さて、ルンタ・レストランではどんなチベタンが働いているのでしょう?
ルンタ・ハウスで働く人たちは原則としてヒマラヤを越えて亡命して来た人々です。
それぞれ個人的背景は違っても、みなあまりに苛酷な体験をしている人々です。

例えばパッサン・ドルジェの場合。
パッサンはレストランの厨房で働く男、写真でわかるようにいつもテンガロンハットをかぶりおかしな髭を生やした伊達男風で厨房ではいつも陽気に歌いながら仕事をしています。
しかし、パッサンも凄まじい経歴を持っています。

彼はチベット本土のガンゼ地方で生まれ15歳のときに自ら欲して僧侶になり、やがてガンゼの街頭にチベット独立の貼り紙を貼った罪で捕まり、6年半の刑を言い渡されました。
パッサンは後ろ手に縛られ親指に錠をはめられ、さまざまな拷問を受けましたが中国公安には妥協することなく良心を貫きました。その結果は極度の衰弱により見るに堪えない状態になりました。監獄では窓のない独房に手錠と足かせをかけられたまま1年も入れられました。その状況がどんなに悲惨なものだったか想像してください。6年半の刑期中にはさらに苛酷な仕打ちを受け続け衰弱の度合いは増すばかりでしたが、なんとか刑期を終えて外に出ることができましたがふたたび僧衣をまとうことを禁じられました。
その後も何度も警察に捕まり拷問を受けるという苦難の日々は続きましたが、2004年11月、生きているのが不思議という状態でヒマラヤを越えてネパールへ逃れ、そしてインド・ダラムサラへ到着できたのです。
レストランで陽気に働くパッサンを見ていると彼がこんな苛酷な体験をしているなんて想像することさえできまません。しかし、パッサンの体験はここダラムサラでは決して珍しいことではないのです。

ルンタ・レストランはいつも色々な人種の人々で賑わいボクにとっては理想的な空想料理店の雰囲気を持っていますが、実はこうした体験を持ったスタッフによって支えられているのです。

この日記は去年いっしょにチベット支援イベントの実行委員を担ってくれたmao☆さんのブログ「たまゆら雑記」から引用させていただきました。彼女はイベント終了後すぐにダラムサラに行き多くの亡命者にインタビューしてくれたのです。2008年9月と11月の記事に彼女がインタビューした記録が「証言」として掲載されています。みなさん、ぜひお読み下さい!
http://newborder.exblog.jp/m2008-09-01/
http://newborder.exblog.jp/m2008-11-01/

写真上:一見陽気な伊達男、パッサン・ドルジェ、いい男です。

写真中:やはり厨房で歌いまくるツェリン・テンパ、彼も少年時代の僧侶となりましたが、独立を訴えるデモに参加し捕らえられ、その後インドに亡命してきました。

写真下:厨房でおいしいパンやケーキを焼いているガワン・トプチェ。彼も元僧侶でしたが、彼の僧院にダライ・ラマ法王の写真を掲げたという理由だけで捕まり11年の刑を言い渡されましたが、監獄での拷問による衰弱が激しく追い出されるようにして病院に入れられ、その後亡命に成功しました。

(写真もmao☆さん撮影です、ありがとうございました)
f0067255_13403018.jpg
f0067255_13404782.jpg
f0067255_1341230.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-17 13:42
ダラムサラの空想料理店 その1
ダラムサラのルンタ・レストランはマクロード・ガンジという一応繁華街風の通りから少し下ったところにあります。
レストランの入ってる建物はルンタ・ハウスと言ってこの日記にも何度か登場しているボクの古くからの友人中原一博たちが立ち上げたチベットの亡命難民のための自立支援NGO・ルンタプロジェクトと亡命難民自身のNGO・グチュスムが共同で使用運営しています。
ルンタ・プロジェクトのことはHPをぜひ参照してください。
グチュスムのことも詳しく載っています。
http://www.lung-ta.org/

ルンタ・レストランは日本食レストランです。
表から見たら通りに面した1階に見えますが谷のほうから見たら2階になります。広いテラスを含めたら50坪以上あるのでは?
日本人の直子さんとチベット人のソナム夫妻がマネジメントを取り仕切っていますが、働いてる人はみな亡命チベット人です。

店の雰囲気はとてもリラックスした感じで、お客さんは基本的にチベット好き、ベジ好きの諸国ガイジンさんたちと、日本人の旅人および滞在者が中心で、いつもかなり繁昌しています。
数から言ったら諸国ガイジンさんの方が圧倒的に多く、その中に黒目黒髪の日本人&チベット人が坐ったり立って働いたりしています。

ああ、この雰囲気って昔「諸国空想料理店KuuKuu」という料理店を開いたとき思い描いていたのと同じだなあ・・と感じました。
どこにもないけどどこにでもあるような交易都市の料理店・・・ダラムサラという町がそんな風にも見えるわけです。
もちろん、ダラムサラは中国の圧政から逃れてきた亡命チベット人たちの住む町ですから、「空想」という浮遊したような言葉はふさわしくありません。
ただ、ここには人種や民族という垣根を越えた空想的自由の気分があることも事実です。

直子さんとソナムのあいだにはチュニとチカという可愛いふたりの姉妹がいます。チュニは中学一年生、チカは小学5年生でチベット難民の子どもたちが学ぶTCV(Tibetan childerens village)に通っています。
ふたりは学校が終わると必ずルンタ・レストランにやって来て宿題をやったり、仲のよいチベット人の子どもたちと遊んだりしています。
チュニはとっても美人でちょっとはにかみ屋さん、なんか懐かしいような日本的乙女です。チカはちょっとおしゃまで明るくやんちゃです。夕方のルンタには諸国ガイジンさんたちと混じってルンタハウスの子供たちが入り混ざって不思議な光景を見せてくれます。

ある日、子供たちと一緒に絵を描きました。
何人かで一枚の絵を仕上げようということになり、みんなで集中したりさぼったりしながら楽しく描きました。レストランから見えるヒマラヤの山にかかる虹。ごく自然な風景です。

別の日には色紙をちぎってちぎり絵を作りました。チュニは細かい手仕事がとても上手で、他の子どもが飽きて顔に色紙をくつけて遊びはじめても淡々と丁寧な仕事を続けていました

写真上:チカちゃんとチベタンの親友。首に巻いてるのは誕生日のお祝いにもらったカタという白いスカーフ。

写真中:みんなで絵を描いてるところ、左の子がチュニ。

写真下:突然、顔をキャンバスにしてちぎり絵を作った男の子。とぼけたチベタンの子ども。

(つづく)

f0067255_13265810.jpg
f0067255_13271827.jpg
f0067255_13274820.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-17 13:29
ヒマラヤに向かって  その3
2回目のトリウンド登山は一週間後、
この一週間ダラムサラはけっこう天候不順で雨も多く夕方からはかなり冷え込む日も多かった。
そのせいか風邪気味で前回より身体が重かったが
歩き始めれば大丈夫、まずは快調に高度を上げて行った。

最初の茶屋を過ぎたあたりで
すごく雰囲気のあるインドの爺さんに出会った
髭をたっぷりたくわえた仙人みたいな爺さん
片言の英語同士でしばらく談笑
笑顔がやさしく包み込んでくれる・・・
爺さんの後ろにはチベットの祈りの旗・タルチョが見える

「ほらあそこに4つの四角い屋根があるだろう
 その下に長い屋根が見えるかい? あそこがワシの家じゃよ・・・」
「へえ、あの村に住んでるんですか?」
「そうじゃよ、トリウンドの帰りには泊まりにいらっしゃい
 とてもきれいでしかも安いぞよ・・・・
「・・・?・・・・・・」
この仙人はゲストハウスを経営しているらしい
もしかしたら、毎日ここに坐って客の勧誘してるのかも?
さすが仙人は深いなあ。

やはり前回よりずっと疲労感は増しているようだ
峠にたどり着いたときにはけっこうバテテいたが
せっかくだから帰路はあの尾根道を下ろう・・・
僕は来た道ではなく東にながーく延びる尾根道を下ることに決めた
休むとからだが冷えるし筋肉も固くなるので
ほとんど休む間もなむ稜線をくだりはじめた

結論から言うと、ごろごろとした岩だらけの
遠くから見るよりずっと急勾配の道からの眺望はまさに絶景の連続で
しかも今日はだれひとりここを通っていないらしい
なんでここに?というところにひとり草を噛んでいる牛くんはいましたが
まったくひとりきりでこの尾根道と絶景を占有した気分
ただ、この道は長い・・ひたすら長い・・・
歩いても歩いても・・・この道は終わらない・・・
しかもところどころに敷いてある
黒い玄昌岩のようなスレート状の石畳に照り返す日の光で
たぶん顔は真っ黒に焼けているに違いない

谷の底の川にかかる橋まで降りるころには
足はガタガタ、筋肉は突っ張って・・・
でも、朝8時に歩き始め午後6時ころまで
ダラムサラの下の町ロウアー・ダラムサラまで歩き通しました
よく歩いたよ、ボクはキミを誉めてあげたい

この2回のトリウンド登山は
今回の、チベット亡命政権の町を訪ねるという目的からは
ちょっとはずれたものかも知れませんが
ヒマラヤを望む町に住む亡命チベット人たちが
祈りとともに見ている雪の山の近くに行けたということが
僕自身にとっても嬉しいことでありました
あの先にはチベットがある・・・・

上:人生の深い味わいを見せてくれた仙人
中:羊や牛を放牧する民のための石造りの小屋
下:たったひとりで草を噛む牛

次回はダラムサラの日本食レストラン「ルンタ・レストラン」特集?です。





f0067255_10543728.jpg
f0067255_1055043.jpg
f0067255_10551846.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-12 10:56
ヒマラヤに向かって  その2
予定より30分以上早くトリウンドに着いた。
疲労感はほとんどないし、「ああ、歩けたんだ!」という安堵感がさらに身体を軽くしてくれたようだった。
トリウンドの峠には茶屋が何軒かとロッジが建っていたが、その日の登山客ではボクが一番乗りだったみたい。
一軒の小さな茶屋でひと休みしてたら、そこの主人なのか若いインド人が話しかけて来て、日本には友だちがいるよ、ホニャラカって名前・・・って聞こえたような気がした・・・小屋の中を覗いてみると小さなベッドがふたつあったので、
「ここにずっと泊まってるの?」と聞くと、
「ああ、そうだよ1年のうち10ヶ月はここに泊まってるのさ」という答え。
ボクは彼に「アー ユー ハッピー?」と聞いてみた。
「そりゃ、最高に幸せだよ! キミも今日泊まりなよ 夜も朝も信じられないくらい綺麗なんだから それに町の灯りだって最高だよ!」って言ってくれた。
本当にここに泊まったらどんなに気持ちいいだろう・・・

「ありがとう、でも次にするよ、また来るからね」
彼はインド人が頻繁に使う「ノンプロブレム ノンプロブレム」って言いながらおいしいチャイをごちそうしてくれた。
お礼にボクの絵のカードを2枚プレゼントした。

トリウンドにもヒンズーの小さな祠があった。

実はこのトリウンドには一週間後に2度目の登山をした。
1回目の帰路、同じ道を戻りながら途中ひとつ谷を間違えて2時間くらいのタイムロスをしたけど、逆にこの山がもっと身近になり、下山途中に日本に帰るまでにできればもう一度来ようと思ったのだ。そして帰りはこの道じゃなく、ずっと東の方に伸びている長い尾根道を下ろう・・・・。
f0067255_0275067.jpg
f0067255_0281116.jpg
f0067255_0282543.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-10 00:30
ヒマラヤに向かって  その1

ダラムサラは標高1700〜1800メートル、ヒマラヤ山脈の前峰5000メートル級の山に抱かれるような高原にあります。
晴れた日に見える万年雪のヒマラヤの峰には何故か微かな動悸にも似た胸騒ぎを覚えます。

ダラムサラのマクロード・ガンジというところがチベット人が多く住む地区で、中原君の家はそこから凸凹道を15分くらい下った谷に面した絶景の場所です。そこから毎日ヒマラヤを望見してたらどうしてももっと近くまで行きたくなりました。

上の写真でまだらな雪山の前方になだらかな鞍部になってるところがトリウンドと呼ばれる峠です。標高3000メートルくらいで、そこまでは大体4時間くらい、登山路もしっかりしていて茶屋もいくつかあると聞き、ある朝ふと思い立ってひとりで歩きはじめました。

歩き始めはかなり不安でした。
もともと山好きで若い頃にはけっこう山歩きをしたものでした。あまり高山歩きはしませんでしたが、奥秩父や北八ヶ岳の山が好きで山小屋泊まりの縦走も何回かしたことがありました。でも、最後の山歩きからもう15年以上経っています。日頃の不摂生で体力は完全に衰えているはずです。岩だらけの急な登山路を4時間・・・もつかなあと、でも大丈夫でした。
昔から山に入ると野性が目覚めるというか、俄然元気になって休みなくどどっと登れたのですが、今回もそれに似た感じになりました。
途中の風景の素晴らしさ、ほとんど人に会わない快適さもあいまって、予定よりかなり早くトリウンドまで着くことができました。

中の写真:少し標高を上げて行くと、ヒマラヤシャクナゲという深紅の花樹が多くなります。日本のシャクナゲとは趣が異なり、かなりの高木になりますし、谷にせり出して花をつけたりしています。この花でジャムを作るととても綺麗なジャムができると聞いたので、がんばってたくさんの花を摘んで持って帰りました。そして毎日のように通ったルンタレストランの直子さんにすぐにジャムししてもらいました。東京でジャム作りをしているもとKuuKuuのスタッフ・evaへのおみやげにしようと思ったのです。

下の写真:茶屋やロッジに荷揚げする驢馬の隊列に会いました。カランコロンと鈴を鳴らして岩だらけのゴロタ道を黙々と歩いておりました。驢馬くん、キミたちは偉いよ、まったく。

f0067255_1225247.jpg
f0067255_12264371.jpg
f0067255_12272559.jpg
f0067255_13313926.jpg
f0067255_133215100.jpg
f0067255_1333122.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-09 12:30
インドの村を歩く  その3
上:本当になつかしいような里山の風景です。
写真ではわかりませんが、段々畑もひろがり、必ず牛が草を噛み犬が遊んでいます。

中:「このおじさんだれなの?」
  「こわくないくーくーさんだよ」
  「へんなおっさん!」

下:お母さんと小さな子ども、お母さんのまなざしに引きつけられました。

つぎにダラムサラに行ったら
またこんなインドの村を歩きたいなあ、と思います。
f0067255_222310.jpg
f0067255_2242356.jpg
f0067255_2244491.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-07 22:03
インドの村を歩く  その2
この村はまとまった集落というより
一軒、二軒と山の斜面に家が寄り添うように建っています。

インド人の子供たちはなんとなく静かで深い感じがします。
他者におもねることなくどこか超然とした・・と言えば大げさですが
僕にはとても好感がもてるのでした・・・。

上:お姉ちゃんと弟、妹たち。まなざしが涼しいでしょ。
中:家の軒先で勉強していました、奥ではかわいい妹も。
下:岩の上に座ってどこか遠くを見ていた少年。昔、ボクもこんなだったかなあ・・・?
f0067255_21584846.jpg
f0067255_21591383.jpg
f0067255_21592728.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-07 21:58
インドの村を歩く  その1
チベット亡命政権のあるダラムサラはインド北部のヒマーチャル・プラデーシュ州にあります。
デリーから夜行寝台でガタゴト10時間ほどパタンコッタという駅からさらに車で2〜3時間山道を凸凹登っていった山のなかの町です。
ヒマーチャル・プラーデシュ州にはヒマラヤをのぞむ里山の風景が美しい緑豊かな農村地帯が拡がっています。日本のなつかしい田舎の風景にも似ています。

カングラという地方には日本とそっくりな茶畑の風景が拡がっていて、ちょうど4月〜5月の茶摘みの頃にはインドの早乙女たちが色鮮やかなサリーをまとってお茶摘みをしているそうです。カングラのお茶は紅茶ではなく緑茶になります。一缶買って来ました。

なぜ、この地にチベットの亡命政権があるのでしょうか。
1960年当時のインド首相ネルー氏が中国の侵略から逃れ亡命したダライラマ法王とチベット人たちのためにこの土地を用意したことから亡命政権の歴史がはじまりました。
以来50年が経ちましたが、インド人の亡命チベット人への支援は深く広く続いています。決して豊かではないインド人の懐の深さを感じざるを得ません。

ダライラマ法王日本代表部事務所のHPにダラムサラについて記述されています。参考までにお読みください。
http://www.tibethouse.jp/travel/dharamsala/about.html

さて、そんなダラムサラの谷のインド人の村を歩きました。
居候させてもらってた中原君の家はヒマラヤの峰も見える絶景の谷に面しているのですが、その谷をくだって向こうの小高い丘の上まで6〜7時間かけてのんびり歩いて来たのです。
うららかな春の里山には梨の白い花が満開で静かで平和な風景が拡がっていました。
僕は旅に出るとだいたいその土地の子どもたちの写真ばかり撮ってしまうのですが、ここでもそうでした。

つづけて9枚の写真をアップしますね。

上:中原君の家の窓から見える風景。なんとも美しい!
中:インドの仲良したち、左はしの女の子は人なつっこくて可愛い!住所教えてくれたので写真を送ってあげよう!
下:村の中にはところどころにヒンディの祠がある。みんな敬虔なヒンディ教徒です。
f0067255_19243997.jpg
f0067255_19255396.jpg
f0067255_19261733.jpg
f0067255_1325414.jpg
f0067255_1331979.jpg
f0067255_1333875.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-07 20:22
キャンドルを灯して

ダラムサラ・レポートの続きです

3月10日の集会、デモのあと夕刻からキャンドルを灯しての静かな行進がはじまりました。多くのチベット人、多国籍のサポーターたちが街なかのバスステーションからチベット寺院までの道のりをゆっくりゆっくり歩きます。

途中、風でなんども炎が消えそうになりましたがボクのキャンドルは奇跡的?に最後までもちました・・・「日頃のおこないといの良さ」というアホな想念がよぎりましたが、見事に振り払い、敬虔にチベットで犠牲になったりいまも収容所で苛酷な拷問に耐えている人々のために祈りました。

実際、チベット寺院までのキャンドルの行進は遠いチベット本土に住む人々への共感が届いてくれますようにという共通の意志で貫かれていたように思います。

3月12日には「チベット女性連盟」主催の集会がありました。
この日は「チベット女性蜂起の日」です。50年前の1959年3月12日、ラサで女性達が立ち上がった日です。
集会に先立ち、TIPA (Tibetan Institute of Performing Arts=チベット舞台芸術団)のメンバーによるチベットの国歌の演奏がありました。

下の美女?の写真はなぜか自然にレンズが向かってしまったショットです。別に他意はありません。
f0067255_23464385.jpg
f0067255_2347667.jpg
f0067255_23472230.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-06 23:50
高田渡 生誕会
ダラムサラ・レポートはひとやすみ
(すぐ続けますので読んで見てちょろりんこ、です)

4月4日
武蔵野市民文化会館大ホールで高田渡の生誕会があった
この春で亡くなって丸4年の月日が過ぎた
生きていれば60歳・還暦を記念しての
そして最後の生誕会ということだった

午後2時40分から始まった会は
終演が午後9時、6時間以上の長いコンサートだったが
終始なごやかに素晴らしい歌と笑いにつつまれた
最高の生誕会だった
会場を埋めた多くの方々、出演者のみなさん
本当にいい夜を過ごしたと思います

僕も恥ずかしながら渡ちゃんの思い出を話させてもらいました
渡ちゃんが生涯恐れ続けたというお姫さま軍団「武蔵野マーガレット」には
なぜかうちのマーガレット姫も参加して歌っておりました

写真は上はスズキコージの描いた天使になった?渡ちゃん
中は記念して作られた上下4枚組のCD『高田渡、旅の記録』付録の写真
下は当日配布されたパンフレットに印刷されたお札

出演者は以下の通りです

 青木ともこ、ANNSAN、いとうたかお、今井忍、柄本明、大江田信、
 大塚まさじ、大庭珍太、岡大介、加川良、河合徹三、岸本一遥、
 キヨシ小 林、小室等、こむろゆい、後藤神父、斉藤哲夫、佐久間順平、
 佐藤GWAN博、沢田としき、シバ、渋谷毅、スズキコージ、高田漣、
 田川律+藤縄てつや、竹田裕美子、時々自動、中川イサト、中川五郎、
 中山ラビ、なぎら健壱、早川義夫+佐久間正英、藤村直樹、
 マーガレットズロース、真黒毛ぼっくす、
 松倉如子、松田幸一、松永孝義、南椌椌、宮崎勝之、宮武希、
 武蔵野マーガレット、村上律、ロケット・マツ、渡辺勝(五十音順)
 (スペシャルゲストとして九州から南こうせつも参加しました)

ただし、今回ポスターも描いたスズキコージは急用のため欠席、久しぶりに会えるのを楽しみにしていたのに残念!

打ち上げは三鷹駅近くの居酒屋で100人くらい参加してのたっぷりの宴会
大庭珍太や武蔵野マーガレット、渡辺勝、ガンさん(佐藤GWAN博)らと同席の僕らのテーブルはとにかくはしゃぎ過ぎだったかも

制作総指揮のガンさんはじめ実行委員のみなさん、本当に素敵な夜をありがとうございました!
没後4年にもなるのにこんな素敵な会を開いてもらえる
高田渡という人間のかけがえのなさを再認識した夜でもありました

ありがとう、渡ちゃん!
f0067255_13235420.jpg
f0067255_1324734.jpg
f0067255_13242024.jpg

[PR]
# by kuukuu_minami | 2009-04-05 13:27