ダラムサラの空想料理店  その3
ある日のルンタ・レストラン

ルンタ・レストランの直子さんとソナムの娘さん、チュニがテラスで自転車に乗っています。後ろの山には梨の花が美しく咲いています・・・。
ダラムサラは坂道だらけでしかも石がごろごろの凸凹道なので、ボクが滞在中自転車を見たのはルンタのテラスだけでした。もしかしたらダラムサラで唯一の自転車かも知れません。
チュニはきれいでしょ!それにチュニが着ているTシャツはナント月桃先生の象さんTシャツです、なんという偶然、世の中こんなことがあるんですね??

中の写真はレストランでいちゃつく問題のカップルです。天然パーマのチベタンはツェリンといってダラムサラではちょっとした有名人です。眼鏡の日本人はMr. N2、チベット問題を最も先鋭的に追いかけているフォトジャーナリストで、今回、ネパール・ヒマラヤの標高5700メートルのチベット人亡命ルートまでの苛酷な取材の帰途ダラムサラに滞在していました。月桃とは一緒にずいぶん回ってくれました。
見ての通り、ツェリンとMr. N2はただならぬ関係に陥り、これでチベット支援など出来るのかと周囲は気を揉みましたが、本人たちはただじゃれ合ってるだけだから心配するなと言いたげでした。
ツェリンはデモの時、足場の危うい柵の上でチベット国旗を激しく振り続け、ほとんどトランス状態になっているようでしたが、実際会ってみると本当にやさしく穏やかでスキンシップの大好きな男です。スキンシップの相手は男性、女性まったくお構いなしなんです。こんなチベット難民もいるんですね・・・感動の人物でした。

下の写真の男の子もルンタ・ハウスで働く亡命者の子どもです。
チベット人は仏教哲学に慣れ親しんでいるせいか、ものごとを曖昧にすることより真実を究めようとする態度が自然にあらわれます。この子も一緒にちぎり絵を作って遊んでいたのですが、曖昧で主観的な創作作業よりも糊の入った容器の構造にぐぐっと関心を注ぎはじめました。こうやって糊の容器の底から見ると、世界というものがやはり「空」なるものだと悟ったのか、しばし後にはすべてを放り出して遊びに行ってしまいました。

ルンタ・レストラン・レポートはこれにておしまい。
次回からいよいよ "Tibetan Children's Village" について報告します。
もう少しでダラムサラ日記も終わりますから辛抱して読んでみてくださいませ!
f0067255_1659076.jpg
f0067255_170524.jpg
f0067255_1711019.jpg

[PR]
by kuukuu_minami | 2009-04-17 17:00


<< 空想料理店  プラス! ダラムサラの空想料理店  その2 >>